安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄 KAN YASUDA SCULPTURE MUSEUM ARTE PIAZZA BIBAI

アルテピアッツァ(あるてぴあっつぁ) 美唄(びばい)」は 美術館(びじゅつかん) です。(もり)(なか) で、安田侃(やすだかん) さんの彫刻(ちょうこく) を () たり、 (さわ) ったり できます。

(むかし)美唄(びばい) は 炭鉱(たんこう)(まち) でしたから、 たくさんの(ひと) が 炭鉱(たんこう) で (はたら) きました。
1972(ねん)(がつ) に 炭鉱(たんこう) が () まって、(まち) が (しず) かになりました。
(はたら)(ひと) や () どもが いなくなって、 学校(がっこう) も なくなりました。

安田(やすだ) (かん) さんは、 美唄(びばい) 出身(しゅっしん) の 彫刻家(ちょうこくか) です。
美唄(びばい) の人(ひと) は 安田(やすだ) (かん) さんを 「(かん) さん」と () びます。
(いま)(かん) さんは イタリア(いたりあ) に () んでいます。

(かん) さんは 日本(にほん)アトリエ(あとりえ) を (さが) していました。
そして、 美唄(びばい) の 旧栄(きゅうさかえ) 小学校(しょうがっこう) を () つけました。
(ふる) い 閉校(へいこう) した 学校(がっこう) です。
もう () どもは いません。

でも、学校(がっこう)(よこ) に 幼稚園(ようちえん) が ありました。
幼稚園(ようちえん) の 元気(げんき) な () どもたちを () たとき、 (かん) さんは (おも) いました。
「この() どもたちが、(こころ) を ひろげられる 広場(ひろば) を つくろう」
(かん) さんは その(ふる)(がっ) (こう) を 美術館(びじゅつかん) にしました。

(もり)(なか) で (ちょう) (こく) を () ましょう。

アルテピアッツァ(あるてぴあっつぁ) 」は イタリア語(いたりあご) で 「芸術(げいじゅつ)広場(ひろば) 」という意味(いみ) です。
アルテピアッツァ(あるてぴあっつぁ) 美唄(びばい) は 1992(ねん)(がつ) に できました。
(ふる)(がっ) (こう) を (なお) して、 美術館(びじゅつかん) にしました。

(やく)(まん) 平方(へいほう) メートルの広場(ひろば) に、 彫刻(ちょうこく) が 40 あります。
(はる)(さくら) 、 (なつ)() 、 (あき)紅葉(こうよう) 、 (ふゆ)(ゆき) 、 ぜんぶ きれいです。
一年(いちねん) の いろいろな自然(しぜん)(なか) に 彫刻(ちょうこく) があります。

自分(じぶん) の「こころ」は どんな(かたち)

アルテピアッツァ(あるてぴあっつぁ) 美唄(びばい) で、 展覧会(てんらんかい) や コンサート(こんさーと) があります。
そして、毎月(まいつき) 、 最初(さいしょ) の 土曜日(どようび) と 日曜日(にちようび) に 
こころを()(じゅ) (ぎょう) 」があります。
イタリア(いたりあ)大理石(だいりせき) や 北海道(ほっかいどう)(いし)使(つか) って、 自分(じぶん) の「こころ」の(かたち) を () ります。
ときどき、(かん) さんが 「こころを()(じゅ) (ぎょう) 」の先生(せんせい) になります。

アルテピアッツァ(あるてぴあっつぁ) 美唄(びばい) に Caffé Arte カフェアルテ(かふぇあるて) があります。
おいしいコーヒー(こーひー) を () んだり、 ケーキ(けーき) を () べたりできます。
(もり)(なか)芸術(げいじゅつ) を () ながら、 (やす) みましょう。

アルテピアッツァ(あるてぴあっつぁ) 美唄(びばい) は いいところですよ。
みんな、 アルテピアッツァ(あるてぴあっつぁ) 美唄(びばい) が (だい) () きです。

INFORMATION

安田(やすだ) (かん) 彫刻(ちょうこく) 美術館(びじゅつかん) アルテピアッツァ(あるてぴあっつぁ) 美唄(びばい) KAN YASUDA SCULPTURE MUSEUM ARTE PIAZZA BIBAI
住所(じゅうしょ)  美唄市(びばいし) 落合町(おちあいちょう) 栄町(さかえまち)
URL 安田(やすだ) (かん) 彫刻(ちょうこく) 美術館(びじゅつかん) アルテピアッツァ(あるてぴあっつぁ) 美唄(びばい) KAN YASUDA SCULPTURE MUSEUM ARTE PIAZZA BIBAI HP