<東明公園>

咲き誇る花が春の訪れを告げる

日本最北のソメイヨシノ群生地

TV番組の収録で歌手の森山直太郎さんが「さくら」を唄った場所としても有名になった東明公園は美唄市東明の丘陵地にある都市公園。春にはソメイヨシノやエゾヤマザクラなど約1,600本の桜と約5,000本のツツジが咲き誇り、空知随一のお花見の名所として市内外からの見物客で賑わっています。

<びばいさくら>

お花見シーズン到来に合わせた季節イベント

美唄の桜を見に訪れた方々により楽しんで頂けるよう開催され、桜をテーマにしたイベント内容となっています。詳細はこちら►

 <桜ロードプロジェクト>

桜を通し「美唄」を知ってもらいたい

例年「美しき桜の植樹祭」や「さくらの苗木配布(チャリティ)」などの事業を通じて、美唄の知名度を高めるとともに、美唄を桜でいっぱいの町にすることを目的に活動しています。詳細はこちら►

<びばい歌舞裸まつり>

美唄の夏を彩る一大イベント「びばい歌舞裸まつり」

歌(うた)・舞(おどり)・裸(みこし)で美唄の夏を表現したイベントで、会場内に設置された特設ステージでは、歌手によるライブや市内外ダンスグループのショー、カラオケ大会やご当地ヒーロー地産戦隊ビバレンジャーショーなど、様々な催しで盛り上がります。美唄美輿會による伝統的な御輿渡御など是非一度ご来場ください。詳細はこちら►

<美唄産アスパラ>

アスパラガスの代表的な産地である美唄

美唄産のアスパラは太さ、食感、甘味が格別で全国に多くのファンを持っています。その秘密は美唄の土壌にあり、有機質をふんだんに含んだ泥炭土壌で育ったアスパラだからこそ出せる味なのです。

<美唄産ハスカップ>

日本トップクラスの生産量を誇るハスカップ

美唄がパイオニアであり、数々の加工品として使われているのが不老長寿の実ともいわれる「ハスカップ」です。新鮮で果実味あふれ、現代人にとって不足しがちな栄養をたっぷり含んだハスカップは、美唄ならではの貴重なフルーツと言えます。

代表的なハスカップ製品

ドラキュラの葡萄(ホリ)/ ハスカップジャム(美唄尚栄高校)/ ゆのみの雫(伊原商店)/

うふふハスカップサンド(ヤマシタ菓子店)/ グリーンアスパラブッセ(長栄堂)/ 美かっぷ(菓子司かいや)

<宮島沼>

遥かなる時空と国境を越えて鳥たちがやってくる

大空を埋め尽くす渡り鳥。春と秋、宮島沼の朝は約 6 万羽の渡り鳥で覆われます。美唄市宮島沼は、マガンの国内最北・最大の中継地となっており、極東ロシアへ向けて旅立つまえに沼周辺の落ち穂をついばみ、エネルギーを蓄えるのです。世界的に貴重な環境であることから、平成 14 年 11 月 18 日に国内 13 番目のラムサール条約登録湿地となりました。詳細はこちら

<空知神社秋季例大祭>

秋の御輿渡御と美唄市の文化遺産

建立以来 90 年以上を数える空知神社の御社殿は、道産材を多用した総木造りです。そんな建設関係者も称賛する建造物と、美唄美輿會による御輿渡御が宮出・宮入する際の雰囲気は圧巻です。

<美唄産クルミ>

野山が色づく季節。

空知の平野が緩やかな丘になり、それが山に続いてゆく緩やかな斜面に美唄で唯一のクルミ園があります。9 月下旬に収穫し、手間と時間をかけて選果と乾燥。そんな貴重で濃厚な味の美唄産クルミを堪能して下さい。

<美唄産米>

道内有数の米どころ美唄

「農業王国」北海道で米の生産量第 4 位の美唄市。例年実りの季節となるこの時期は、田園風景が黄金色に輝き、観るものを圧倒します。そのお米の質や味にも定評があり、「おぼろづき」「ななつぼし」「ゆめぴりか」など多数の味を楽しめます。

<米粉>

目指すは美唄の特産品。

美唄産米粉で町おこし

美唄産の安心・安全なお米を使用した「米粉」は、美唄こめこ研究会を主体に米粉・米粉商品の PR を行っており、食欲の秋にぴったりの商品です。

 

代表的な米粉製品

・ おこめめん(かどや)

・ 米粉パン(すぎうらベーカリー)

・ 米粉味噌ザンギ(ショッピングせんだい/藤観光/山本靖商店/かどや)

感動の冬に巡り会えるまち

<美唄雪んこまつり>

こども達に素晴らしい空間と感動を

昭和 28 年から続く美唄の伝統的イベントであり、こども達の郷土愛を育むことを目的に、メインとなる「滑り台付き大雪像」や市内のこども達手作りの「ころころキャンドル」、その他特設ステージ上でのライブや体験型イベントなど盛りだくさんの内容でお届けしています。 詳細はこちら>

【冬の見どころスポット】

OPa(オーパ)

日本舞踊家 花柳鳴介氏のギャラリーとフレンチ鉄板のお店。美味しい料理と前庭にあるイルミネーションを十分堪能できます。詳細はこちら>